ゆるく生きたい

ブログやるならJUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
「靴投げ」超えた47歳の熱唱

「靴投げ」超えた47歳の熱唱 ネットで5千万回ヒット

 【ワシントン=勝田敏彦】英国のオーディション番組に出た47歳の女性の熱唱ビデオがインターネットで超人気になっている。米調査会社ビジブルメジャーズの推定では、これまで計5千万回近く視聴され、最近のヒット作「ブッシュ米大統領(当時)に靴を投げるイラク人記者」などを上回った。 >>続きを読む

 見た目、パッとしない「田舎風おばさん」の登場に、審査員も会場も「???」という雰囲気。だが、ボイルさんが歌い出すと、その見事さに会場は大熱狂となり、ビデオはユーチューブなど投稿サイトで大人気となったらしい。

| サブカルチャー | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
メル・ギブソンさん離婚申し立てへ

メル・ギブソンさん離婚へ

 米人気俳優メル・ギブソンさん(53)の妻ロビンさんが離婚手続きをロサンゼルス郡地裁に申し立てたことが分かった。米メディアが13日、報じた。2人は1980年に結婚、7人の子供がいる。>>続きを読む

 2006年には飲酒運転で逮捕された際、警官にユダヤ人差別の言葉を発したのは、有名な話だねぇ。まあ、これでまたお金をいっぱい使うのかなぁ〜

| サブカルチャー | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
あぶさん「今季限りで引退」表明 第860話

あぶさん「今季限りで引退」表明 第860話、居酒屋で

 水島新司さんの漫画「あぶさん」の主人公で、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの酒豪の強打者、景浦安武選手(62)が今季で現役を引退する。「ビッグコミックオリジナル」(小学館)4月5日号の第860話で表明した。編集部によると、引退後も連載は継続するという。>>続きを読む

 漫画「あぶさん」は73年に連載が始まった。単行本は93巻に達し、野球漫画としては最長寿を誇るそうですが、この漫画、とっくに終わったものと思っておりました。すごいですねぇ〜

| サブカルチャー | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
「沖縄国際映画祭」観月ありさが・・・

「沖縄国際映画祭」観月ありさら豪華ゲスト!

 19日に始まる「沖縄国際映画祭」の来場ゲスト第1弾が13日、主催する吉本興業から発表された。ラフ&ピース(笑いと平和)コンペティション部門に出品される「BABY BABY BABY!」の主演女優・観月ありさ(32)や「鴨川ホルモー」の本木克英監督(45)らで、追加ゲストは後日発表。

観月ありさは、生で見たいよねぇ〜

映画「ドロップ」は、きっと「ビーバップ・ハイスクール」のパクリだと思う。

| サブカルチャー | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
バーニングプロダクション、鹿砦社を名誉毀損で訴え勝訴

 "芸能界のドン"こと周防郁雄氏が率いるバーニングプロダクションが、暴露本出版社の鹿砦社を名誉毀損で訴えた民事訴訟(記事参照)が、4日ついに決着。東京地裁は鹿砦社に220万円の損害賠償を命じる判決を下した。

 発端は、「紙の爆弾」(鹿砦社)に掲載されたジャーナリスト・本多圭氏の記事。記事によると、周防氏はバーニング系列の事務所に所属する藤原紀香と、当時交際中の陣内智則との関係を本人たちの意向を無視して週刊誌にリークし、結婚するよう仕向けた上、結婚披露宴の中継等を独断で仕切ったという。バーニングおよび周防氏は、この記事は事実無根として、合計3300万円の損害賠償を求め提訴していた。

 判決では、本記事はバーニングと周防氏の「社会的評価を低下させるものであり」「損害を被ったことが明らかである」とされたが、その肝心の「損害」についてバーニング側は証人尋問で「業界の人がこの記事を読んで悪いイメージを持つ」と曖昧にしか答えていなかった。発行部数2万部(公称)の雑誌に批判記事を書かれて、芸能界のドンにいったいどのくらいの損害があったというのだろうか。賠償金220万円という金額は、"暴露本のドン"といわれる、鹿砦社・松岡利康社長も「厳しい結果」と語る。

 また、これまでにも「サンデー毎日」をはじめバーニングを批判する記事、媒体はさまざまあったが、バーニングはそれらをすべて訴えてきたわけではなかった。ではなぜ、鹿砦社を訴えたか。実は、記事を執筆した本多氏と周防氏は20年来の因縁がある。今回の裁判は「本多氏を狙い撃ちしたのではないか」「本多氏つぶし」と関係者は見ている。

 この判決を受け、松岡社長は「言論を法の力で抑えようとする人たちとは真っ向からぶつかっていく。血の一滴、涙の一滴が枯れるまで闘う」と控訴する方向性を示した。また、中川志大・紙の爆弾編集長は「この判決によって編集方針が変わることはない。バーニングについても機会があれば掲載する」と語った。今後の裁判の流れを変えるには、本多氏に情報を提供した当事者が出廷するかどうかがカギとなるが、それについては「要請中」という。狙い撃ちされた本多氏は、「私の言い分は後日、私の連載コラムで詳しくお伝えする」と語り、バーニング追及の手をゆるめない姿勢を見せた。

日刊サイゾー

"暴露本のドン"が"芸能界のドン"に敗訴 220万円支払い命令へ

藤原紀香の結婚には、そんな裏事情があったのですかぁ。な〜んかどろどろしてますなぁ。

| サブカルチャー | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/1PAGES